トップページへ 産科婦人科 産後の育児相談とケア 医師
 
 
赤ちゃんの健やかな成長を願うためのいろいろな行事があります。これらの行事はあなたがお母さんやお父さんにやってもらったように、自分たちの赤ちゃんにもやってあげましょう!
 
【お七夜(生後7日目)】

「名づけ祝」とも言われます。親戚や知人に赤ちゃんの名前を披露するのが目的です。赤ちゃんが生まれてから数えて7日目の夜に行うのが習わしでしたが、最近は特にこだわらず、母子の健康状態をみて行うのが一般的です。
 
【お宮参り(生後30日~)】

男の子は30日目、女の子は31日目になったら、その土地の神様(氏神様)に赤ちゃんの健やかな成長と幸せを祈願するものです。以前は父方の母が付き添って参拝していましたが、最近は父と母だけで行うケースも多くなりました。
日にこだわらず、母子の健康状態を考慮して、生後地一ヶ月前後の天気のいい日に行えばいいでしょう。服装も決まりはありません。最近はレンタル衣装を利用する人もたくさんいます。
 
【お食い初め(生後100日目~)】

赤ちゃんの健康と、生涯、食べるものに不自由することなく過ごせますようにと願って、お乳以外の食べ物を食べさせる行事です。「箸初め」、「箸ぞろえ」とも言い、生後100日目または120日目に行います。
これは専用の食膳を用意して、赤ちゃんにご飯などを食べさせる真似をさせるもので、口ものにご飯をつけたりするだけです。

お食い初めの祝い膳は赤飯、尾頭付きの鯛の焼き物、煮物、香の物に吸い物の一汁三菜をそれぞれ器に盛るのが正式です。これらをお膳の上に並べ、歯が丈夫になるようにと、歯固めの小石を添えます。地方によっては、皺ができるまで長生きするように願いを込めて梅干しを添えるところもあります。

【例】
・赤飯
・蛤などの吸物
・野菜の煮物
・香の物または酢の物
・鯛の焼き物

これらにこだわる必要はありませんが、赤飯、鯛の焼き物は必ず用意しましょう。”めでたい”という縁起物として添えられる鯛は切り身ではなく、尾頭付きを用います。

食べさせる(食べるまねをする)順番は、御飯→汁物→御飯→魚→御飯→汁物。これを3回繰り返します。

 
【初節句】
生後初めて迎える節句のことです。ただし生後一ヶ月以内に節句を迎えた場合は、翌年に繰越ます。男の子は5月5日の端午の節句。女の子は3月3日の雛祭りに人形を飾ったりして、赤ちゃんの健やかな成長をお祈りします。
 
 
 
産婦人科産後の育児相談とケア医師
 
冨田産婦人科医院 
〒315-0042 茨城県石岡市茨城3-5-31 電話:0299-23-0311 
Copyright(C)2012 冨田産婦人科医院. All Rights Reserved.